記事一覧

Windows10の緊急修正

いつの間にかSandBurstがWindows10で不具合を起こしていたので、
取り急ぎ修正したものをこちらに置いておきます。

http://ux.getuploader.com/MasterD/download/13/SandBurst.zip


開発環境がWin7で普段使っているのもWin7なため、
変化の激しい10ではあまり動作テストできていません。

Windows10で不具合で落ちる場合は報告していただけると助かります。
スポンサーサイト

コメント

No title

このバージョンで落ちなくなるのを確認しました。ありがとうございます。
ビデオカード替えたのが原因かなと思っておりました。

1.3.1からなのですが、起動して設定を開くまでは強制的にDirectXになっているようです。
win10(DMM)なのに「画像綺麗+GPU高負荷」
設定を開いてからだと「画像汚い+GPU低負荷」
SandBurstを再起動させると同じ症状になります。
Win10TH2+GTX1060の環境です。

No title

不具合報告ありがとうございます!
これは絶対に気が付かなかったバグだと思います。
とても助かりました。

Win10はいつの間にかOSの内部コードが変わっていたため、落ちてました。

それを修正したときに、DWMモードの画質も綺麗になっていたのですが、
4月の大型アップデートでMicrosoftがDWMを直してくれのだと思ってました。

今週末に設定のバグ修正含めて、Win10でもう少しテストしたものをここで公開したいと思います。

No title

Windows 10 Creators Updateの適応後から縦の拡大率がずれているようです。
症状は1.20および1.32bで確認。


面倒なのでウィンドウの枠が無いと仮定して、タイトルバーの高さをA、ゲーム画面の高さをBとします。

ゲーム画面を拡大したとき、ウィンドウの高さは「A+B×拡大率」みたいなので、これは問題なし。
※ぱっと見た感じで測ってはいません。

ただ拡大されたゲーム画面の描画サイズ(縦)が、「B×拡大率」ではなく、「(A+B)×拡大率」くらいになっているように感じます。

このため描画されるゲーム画面が縦に伸び、下にはみ出した部分が表示されない状態です。


症状を確認したゲーム
 ATLAS レジェンドパック
 http://store.steampowered.com/app/338090/

No title

先のコメント(ATLAS レジェンドパック)の補足。

試行回数が少ないので頻度はわかりませんが、ゲーム画面の描画サイズが正常なサイズになることが1回ありました。

拡大した画面内をクリックしたとき、左上の隅からゲーム画面の原寸サイズ内に収まる範囲は正常にクリックできましたが、原寸サイズからはみ出す範囲でクリックが利かないのを1.32bで確認しました。

No title

報告ありがとうございます。

どうもCreators UpdateでOSの挙動が色々変わってるようなので、
細かく調べていきます。

Updateの状況に応じてコードを代えるのですが、
懸案として、Creators Updateが適応されてるかどうかをプログラム側で取得できるかが疑問ですね。

コメントの投稿

非公開コメント