記事一覧

窓の杜で紹介されました

窓の杜

SandBurst窓の杜で紹介されました。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20160108_738224.html

これだけの有力サイトに紹介されると滅茶苦茶嬉しいですね。

窓の杜キター!! (心の叫び)

Vector公開からわずか1日です。
編集の中村さん仕事速すぎです。




蜃気楼のバグを考える

掲載記事を見て蜃気楼がツクール2000と2003に対応してなかったのを初めて知ったのですが、
原因をちょっと調べました。
ここから書くことは逆アセンブル解析ではなく、蜃気楼の動作結果からの推測です。


ツクール2000と2003のゲームは実行ファイルがDelphiで作られてます。(C++Builderかも、とにかくVCLを使っている)
Delphiで作られたプログラムを蜃気楼で拡大しようとすると、内部エラーが発生します。


Delphi製のプログラムはメインウィンドウとは別にTApplicationというクラス名のウィンドウが自動で作成されます。
windowlist.png

(画像は「扉の伝説 風のつばさ」というツクール2000のゲームを実行中にウィンドウ一覧をProcessWalkerで表示したもの。
メインウィンドウと同じタイトルでTApplicationというクラス名のウィンドウがあることがわかる)



SandBurstでウィンドウ一覧を取得すると、「風のつばさ」は2つ表示されます。
メインウィンドウとTApplicationです。

TApplicationの方はウィンドウサイズがゼロのため、サムネイルの取得ができません。
SandBurstでもこれは拡大できません。



さて、蜃気楼だとウィンドウを取得しても「風のつばさ」は1つしか表示されません。
恐らく、メインウィンドウではなくTApplicationの方を取得して、それを拡大しようとしてるのではないでしょうか。




・・・違ってたりして
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント